貧乳 遺伝

バストアップを分けるもの 家系と家庭


バストアップに心配を繰り返し、「貧乳は遺伝だから諦めるしかないのか?」 と考えた時期がありました。

本当に貧乳家系は存在するのでしょうか? 

はっきりとした答えはわかりませんが、わたしの結論としては、貧乳は「家系」のせいではなく「家庭」のせいだということです。


わたしの母や妹も、胸は大きくありません。自分の家のことを「貧乳家系」と考えてしまったこともありました。
でもそれは「貧乳家庭」の間違いでした。

どういうことかというと、うちの家族が貧乳なのは、遺伝によるものではなく、家庭の生活習慣、食生活の偏りなどによるものだと思い始めました。

つまり生活をともにする家族は当然、幼い頃から、生活のリズムや食事は似たようなものになります。

特に食事などは家庭の好みもあり、その家独特の献立が多くなります。つまり同じ傾向、同じような栄養のものが多くなるわけです。

それから生活リズムも影響してきます。バストの形成には女性ホルモンだけでなく、成長ホルモンの役割も重要です。この成長ホルモンの分泌が十分で無いと、女性ホルモンン以前の問題になる、身体全体の成長が上手く行かなくなるからです。

バストアップで見落としがちなホルモン


成長ホルモン=メラトニンは生活リズムが不規則だったり、夜更かしや、引きこもりなど屋外にあまり出ないことで分泌がされなくなりますので要注意です。

メラトニンは眠っている間に分泌されるのですが、これは眼の奥の網膜が光を感じなくなると脳が「夜」だと判断して、成長ホルモンの分泌をはじめる命令を出します。
また網膜が光を感じると、逆に脳は成長ホルモンの分泌をストップさせてしまうのです。

子供が寝ている時間に、隣の居間から、明かりが漏れてきたり。暗い状態を怖がって明るい状態で眠る習慣があるなどはバストアップだけでなく、身体の成長発育に最悪の環境なのです。

わたしはこの事実を知った時に唖然としました。かなり思い当たる節があったのです。細かい家庭環境までいまここで語りたくはないですが、成長期に取り返しの付かないし失敗をしてしまったことを悔やみました。

「貧乳家庭」は遺伝ではなく生活習慣が生み出すものなので、家系を理由にバストアップを諦めるまだ早いですよ。


元の場所へRETURN



 

サイトマップ