O脚 バストアップ

O脚だとバストアップしない!?


O脚とは脚の付け根の股関節の辺りから捻れてしまって、普通はまっすぐの脚が、弓状に湾曲して、両脚を揃えた時に、両脚が綺麗にくっつかずに、隙間ができてしまう症状のことを一般的にこう呼びます。見た目がOの字に開いているので「O脚」と呼ばれています。

日本人の約8割が、何かしらO脚気味というデータもありますから、日本人はO脚になりやすい体質なのでしょうか? これは体質というよりは日本人の生活習慣に依存するのではと考えられます。

O脚の主な原因は、骨盤の歪みです。骨盤がゆがむことで脚が内側から外側に向けて捻れてしまっているのです。

そうしてO脚の原因である骨盤の歪みは、姿勢の悪さによって引き起こされます。

「姿勢が悪いから骨盤が歪むのか?」「骨盤が歪んでいるから姿勢が悪いのか?」

「卵が先か? 鶏が先か?」的な議論のようですが、この場合はあきらかに「姿勢の悪さ」が骨盤に悪影響を及ぼしています。

もともと骨盤の辺りは「腹横筋」という深層筋肉があって骨盤をしっかりと支えています。これは筋トレで鍛えて6パックを作り上げるような筋肉(腹直筋)の内側に
あって、筋トレでは鍛えることが難しい筋肉です。加齢とともに筋力は弱くなり、骨盤を保護する力が弱くなり、加齢性腰痛の原因となっているようです。コルセットなどを巻いているのは、その弱くなった腹横筋の役割を補助する目的ですが、そうなると筋肉はますます衰えてゆきます。慢性的にコルセットを装着するのは、自然治癒力を弱くしてしまいますので、緊急時を除いては使わないようにしましょう。

NHKの朝の番組で、長年コルセットを装用していた腰痛持ちの女性が、ある「腰痛治療の名医」のもとを訪れた際に、「コルセットを使い続けたら一生腰痛は治りません。」と断言されていました。その医師の指示通りにある体操を行うことで、その助成はみるみるうちに腰痛を克服してゆきました。

話が少しずれましたが、O脚も姿勢が悪いために骨盤が歪んで起こる症状なのです。だから骨盤ストレッチやインナーマッスルを鍛える(EMSやピラティス)ことで、O脚の予防改善に繋がります。

O脚の人がやっていけないのは、脚を組んで座ることです。脚を組んだ状態だと、身体の体重が歪な割合で骨盤にかかりますので良くないのです。

O脚は姿勢の悪さが作用します。バストアップにも姿勢を正しくして体幹を整えることはたいへんに重要な要素なのです。

私は自分の姿勢の悪さを意識した時に、このことに気づき、バストアップのためにO脚の改善を行いました。

結果的にこのことが成功に繋がていると信じています。


サイトTOPの記事の場所へ戻る

 

サイトマップ